石のような人

言い訳をせず、静かに、つらいことも楽しいことも、たんたんと受け入れられるような境地をめざしたい
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< たすけ鍼 山本一力 | main | おぼれそう >>
神田堀 八つ下がり

JUGEMテーマ:日常

 

今日も まだ 江戸時代に

タイムスリップしたままです

 

「三時のおやつはなあに〜」

とかいうけど

おやつ の語源は?

この時代は 「十二時辰」(じゅうにじしん)

 

子の刻 ネノコク 23時〜1時 夜半 やはん 夜九つ
丑の刻 ウシノコク 1時〜3時 鶏鳴 けいめい 夜八つ
寅の刻 トラノコク 3時〜5時 平旦 へいたん 暁七つ
卯の刻 ウノコク 5時〜7時 日出 にっしゅつ 明六つ
辰の刻 タツノコク 7時〜9時 食時 しょくじ 朝五つ
巳の刻 ミノコク 9時〜11時 隅中 ぐうちゅう 昼四つ
午の刻 ウマノコク 11時〜13時 日中 にっちゅう 昼九つ
未の刻 ヒツジノコク 13時〜15時 日昳 にってつ 昼八つ
申の刻 サルノコク 15時〜17時 晡時 ほじ 夕七つ
酉の刻 トリノコク 17時〜19時 日入 にちにゅう 暮六つ
戌の刻 イヌノコク 19時〜21時 黄昏 こうこん 宵五つ
亥の刻 イノコク 21時〜23時 人定 にんじょう

夜四つ

 

未の刻が 上から数えて 八番目 ということで。

 

午後のゆったりとした気分のタイトルどおり

すらすらと読める お江戸下町の人情噺 

短編が6話 

Book | permalink | comments(0) | -| -

この記事に対するコメント

コメントする









CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
フリー
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS