石のような人

言い訳をせず、静かに、つらいことも楽しいことも、たんたんと受け入れられるような境地をめざしたい
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バリア発動 | main | オブリヴィオン >>
ブナ峠

JUGEMテーマ:日常

 

天気予報では、快晴のハズ

しかし、今朝4時起床 

一面の霧

山は見えません

 

たしか 朝の霧は晴天 と言ってなかったっけ?

 

始発に飛び乗りました

西吾野で下車   5時31分

だいぶ 霧も薄れてきました

 

この美しい自然をいつまでも大切に! 森林文化都市

といってるけど

加治丘陵では、破壊が進んでいるのです

一貫した姿勢をみせてください ⇒ 市長さん

 

林道開発の記念碑

しかし 昨年の台風でどこも林道はかなり傷んだままです

 

西吾野駅から岩井堂観音堂まで 4.5キロ 山村道を歩きます

 

途中に 廃校になった 北川小学校ありました 6時20分

 

なんかホノボノとして いいねえ

 

左に曲がると、三田久保峠への道 北川正丸林道です

今回は、まっすぐ進みます

 

岩井堂観音堂到着 

 

すぐに 林道分岐です  7時

車通行止めになっています

 

こういう状況

車はもちろんバイクも不可

自転車は担げば通れるかも

 

林道から離れて ブナ峠への山道へはいります 7時45分

 

かなりの急登です

 

林道へ出ました

 

ここで重大なミスをおかしました

 

この林道をグリーンラインと思い込んでしまったのです。

「こんなに道が荒れているからグリーンラインは通行止なんだ」

スイスイと右手に進みました

「やたら下るけど。それに左側が崖はおかしいかも」

そのうちに

「東に進むハズなのに、左手に太陽。もしや西に進んでいる?」

地図を出して確認すると

なんと、岩井沢林道へつながる道だった

もう1時間以上もくねくね下っているから、引き返すより

ブナ峠入口まで行って、再度登りなおす

 

緑の線が、間違って歩いた林道

今度は、地図を確認しながら、急登も木の根をつかんで直登

黄色の線です

 

やっと ブナ峠到着 9時50分

大休止をして、気持ちを落ち着かせました

 

ここからは、グリーンラインと山道を交互に歩いて

飯盛山(センズイ) 10時30分

 

ここから少し下ると 飯盛峠

今日はじめての登山者に会いました

少しお喋りしました(ソーシャルディスタンスで)

わたしが道を間違えたハナシをしたら

この若者は、

「スマホにGPS入れてないんですか?」

彼は、紙の地図はほとんど使わないで

通常、スマホのGPSと、初めての山は

ハンディタイプのGPSを持っていくそうだ

 

わたしはすっかり時代遅れになったようです

 

気を取り直して 一人で柏木尾根コースを下ります

ここから。 やはり標識なし  11時 

 

道は 快適です

 

1時間ほどで、眼下に人家が見えてきました

 

ところが、ここから道が不明瞭 適当にかき分けて下り

道路にでます  12時

 

朝歩いた道を、西吾野駅まで 1時間以上かけて歩きます

 

 

歩数は 33,015歩

距離は  約15キロ(間違った分も含む)

所要時間は  約8時間

 

今回は、林道が多かった

やはり 純粋な山道の方が好きです

 

 

 

 

 

 

山に関すること | permalink | comments(0) | -| -

この記事に対するコメント

コメントする









CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
フリー
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS