石のような人

言い訳をせず、静かに、つらいことも楽しいことも、たんたんと受け入れられるような境地をめざしたい
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
猟犬の国

JUGEMテーマ:日常

 

何の予備知識もないまま読み始めて

戸惑いました

 

なんのことか、さっぱりわかりません

それで 2度ほど放り出した本です

 

昨日は暇だったので

猫と一緒に寝転がって再度挑戦しました

 

この著者は、ゲームデザイナー(そんな職業あったのか!)

今どきの感覚の文章でしょう

読者を置き去りにして、話は進みます

しかし 中盤に差し掛かると

やたら面白くなる

笑いのツボをしっかりと抑えている

 

ストーリーは現実離れしているが

くせになりそうな気がしてきた

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
陸王

JUGEMテーマ:日常

 

文庫本で750ページ 分厚いです

この著者の本は何冊か読んだはずですが

内容は、ほとんど覚えていません

でも 一気読みした記憶はあります

 

勢いがあるんですよ

ついつい先を…… となってしまう

うまいですねえ

 

そして 読み終わって

あれ なに これ?

たとえば この陸王でも

登場人物が 善悪あまりにもはっきりしている

とくに有名メーカー アトランティスの営業部長

ここまで書く? 憎たらしさ全開

笑ってしまいました

 

この作者の真骨頂

弱者を必死で応援することで

読者を巻き込んでしまう

 

ええ 私も巻き込まれました

そして この登場人物、会社のモデルは?

野次馬根性 興味つきません

 

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
バラ色の未来

JUGEMテーマ:日常

 

まさに いまどきのテーマです

 

Integrated Resort 

安倍晋三さんが、強引にも推進している

カジノ法案

 

現実の社会では、マスコミは

おとなしくしていましたね

 

そのマスコミの内部事情を

リアルに描いているのがこの本です

 

著者は、マスコミ界に友人が多いのでしょう

まるで、ドキュメンタリー

 

それにしても登場人物が多い

私の頭では、こんがらがって収拾がつかない

その対策は、メモです

 

突如、「直井が声をかけてきた」

えっ! 直井ってだれ?

メモを見ます

そうか、定時帰宅を希望して企画センター部長になり、

今回IR取材班キャップに抜擢された男

 

出番は少なくても、バックボーンを把握して読むと

いっそう、面白いです

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
旅行中に読んだ本 2冊

JUGEMテーマ:日常

 

薄めの本を選びました 250ページ

西武線、山手線、京成電鉄と

ついつい読みふけってしまいます

 

構成が秀逸

5人の語り手がそれぞれの章

したがって、同じ場面、セリフが違う意味を持つ

そして、次第に明らかになっていくストーリー

熊本に着く前に読み終わってしまいそうな

そんな勢いのある小説でした

でも

読み終わってみると

あれ? この主人公は何をやっているんだ?

こんなに回りくどいことしか方法はなかったのか?

ちょっと さめました

 

交通機関、ホテルと時間がたっぷりあったので

持参した文庫本は読み終わってしまった

現地の書店で買った本です

こちらも、先の読めない巧妙な構成で

語り手によって

登場人物の印象がガラリと変わります

さすがベストセラー作家さんです

 

やはり 旅のお供は 文庫本ですね

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
横浜 1963年

JUGEMテーマ:日常

 

さすがベテラン作家さん

すいすい読めます

 

1963年といえば

私が徳島県の高校生の頃

勉強に明け暮れていた日々

(友達がいないので勉強以外に

することがなかった)

 

四国には米軍基地ないので

こういう雰囲気は知らなかった

 

今住んでいるところは

横田基地への航空機進入路なので

騒音は日常だが

基地周辺とはちがって

米兵の姿をみることはない

 

しかし 小説に描かれている

アメリカへのあこがれ、

英語をしゃべるようになりたい

という箇所は、よく理解できる

 

その反面

トランプさんをはじめとした

アメリカ白人のエリート意識には

強い反感を持つ

 

心の中に潜んでいる差別感情は

いつの時代でも普遍的

それを認めて そのうえで

自分は、どういう言動をするかが

ポイント

 

やたら 七面倒くさい文章になりましたが

重ねて

この本はスイスイ読めます

 

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
夏をなくした少年たち

JUGEMテーマ:日常

 

 

スティーヴン・キングの「スタンド・バイ・ミー

の新潟版じゃないか!

 

うちのコタや毎朝会う小学高学年の少年を

思い浮かべた

いいねえ、無邪気であって、ほろ苦いような少年時代。

 

自分の小学生時代は、

そうだ、スタンドバイミーの少女版だった!

たみこちゃん、みゆきちゃん、ひろこちゃん、やすこちゃん

キャアキャアワイワイ 

たわいない冒険やらかしたっけ

 

この小説に戻って

若い作家さんなのに、雰囲気のある文章で上手い。

あえて言わせてもらえれば

ミステリー部分、主人公が抱えている問題が

わかりにくい書き方のような、気がしました

 

でも、60年以上前の自分の子ども時代を

思い出す いい小説でした

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
望み

JUGEMテーマ:日常

 

 

もう まったくハラハラドキドキ

いったい どうなっているんだ!

ストレスフルなハナシの展開です

 

規士がやったのか?

最後の方を読みたい気持ちを

なんとか抑えて

読み通しました

 

まるで うちのコタが

中学でいじめられているんじゃないかと

ばあちゃんは妄想をふくらませる

有害な本です

 

でも いっきに読ませる作者の構成力は

すごいです

 

 

 

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
デッドヒート

JUGEMテーマ:日常

 

昨日は MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)

東京オリンピックと同じコース

 

もしこれに興味のある方にお勧めは

この本↓

 

とくに 下巻は

きのうのレースそのもの!

 

やたら折り返しが多く

東京の地理にうとい私にはわかりにくいが

「折り返しも多くて、あっちゃこっちゃ忙しいが

いうたら、ドーム、ツリー、タワーのコースや

序盤はドームを過ぎたらスカイツリーが目標や

ほんで次は東京タワーで折り返して、ドームをまわって

競技場や」

と阿久さんが申しております

 

終盤の登り坂で,設樂さん失速していましましたね

そんなこんな状況が

この小説では、まるで自分が走っているように描写されています

 

それから 登場人物がいい人ばかりで

ストレスフリーの 気楽に読める本でした

 

 

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
死にゆく人の心に寄りそう

JUGEMテーマ:日常

 

 

だいぶ涼しくなってきたので

哲学的な本が読みたくなりました

とは 言っても

すんなり頭に入るようなものがいい

 

この本は、いいです

なにも死にゆく人がそばにいなくても

自分自身の生き方

なんとも謙虚になれる本でした

 

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
石つぶて 警視庁二課刑事の残したもの

JUGEMテーマ:日常

 

森友学園問題 唐突の幕引きですね

政財界の闇は

小説だけでいいです

もう うんざりです

 

 

そんなときに読む本じゃないですねえ

うんざりの2乗、3乗

やってらんねえよ〜!

 

それで 埼玉県知事選挙は25日です

やはり私たちが政治に関与できるのは選挙

野党もっとしっかりしてよ!

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
 1 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
フリー
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS