石のような人

言い訳をせず、静かに、つらいことも楽しいことも、たんたんと受け入れられるような境地をめざしたい
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
冬雷

JUGEMテーマ:日常

 

以前に読んだのは

オブリヴィオンと雪の鉄樹

http://okkochan.jugem.jp/?day=20200518

 

同じようなトーンです

これが遠田潤子さんの持ち味なんでしょうね

 

やはり最後の部分で

けむに巻かれました

 

なんで? どうして?

 

そう思ってしまいます

古い伝統というかシガラミというか

そういうものがどっと出てきて

暗い、グロテスクな そんな人間の醜さ

 

それでも引き付けられるのは

人間が本来持っているものを書いているからでしょうか

 

Book | permalink | comments(0) | -| -
狂犬の眼

JUGEMテーマ:日常

 

 

虎狼の血

http://okkochan.jugem.jp/?day=20180615

の続編です

そうです 広島弁全開

もうそれだけで 満足じゃけんのう

 

作者は東北出身なのに、どうしてこんなに広島弁が

巧みなのか?

さっそくグーグル インタビュー記事ありました

「―広島弁がものすごく臨場感を盛り上げていますが、

方言を書くのは大変ではなかったですか。

柚月さん、広島になにかご縁があるのでしょうか。

柚月:方言は監修をいれていただきました。

東北の人がよく我慢強いとか辛抱強いとか

言われるんですけれど、

それと同じような強さというものを、

広島ご出身の方を見ていると思うことがあるんです」

だそうです。

 

そうそう 本題にかえります

主人公は僻地の駐在所へ左遷されるのですが

もしかしたら

神石郡あたりかな とか どうしても広島県の地図が頭にうかびます

 

主人公は、警察官ですが、極道との兄弟杯

あれあれ これからハナシはどう展開するのでしょうか

 

柚木さんの小説は、男気あふれる小説です

 

 

慈雨

http://okkochan.jugem.jp/?day=20190716

最後の証人

http://okkochan.jugem.jp/?day=20180923

 

 

Book | permalink | comments(0) | -| -
終の盟約

JUGEMテーマ:日常

 

430ページあまりの分厚い本

とはいっても ハードカバーはかさばるから

文庫本にしたら、通常の分量かも。

 

安楽死とか、認知症とか

今まさに 私の年代では一番関心のあるテーマ

だから グイグイすらすら 半日で読んでしまいました

 

読後の感想ですが

たしかに読みごたえがある

でもあえて辛口の意見を言わせてもらえれば

 

くどい!

 

おなじことを なんども繰り返す

患者本人と家族の心情の乖離など

それから もっとも気になるのは

老いること、認知症になることなどを

マイナス思考で書いている

どうして そんなに暗いのか?

プライドとか尊厳とか そんなに大切?

 

もっと おおらかな気持ちになれないかな

と 思いました

そういうことを考えさせられる いい本でもあります

Book | permalink | comments(0) | -| -
トウモロコシ

JUGEMテーマ:日常

 

連日の雨と高温で

作物は順調に生育しています

きゅうり、ミニトマトなど

 

トウモロコシも

 

昨年は、収穫してみると

三分の一ほどは虫に食われていました

無農薬農法なので仕方がありません

今年はどうなるか 楽しみです

 

農作業 | permalink | comments(0) | -| -
雨曇の土曜日

JUGEMテーマ:日常

 

小止みになったので

お墓まいりにいってきました

きょうの花はあじさい

紫ピンクのは、ちかえ先生とひろこ先生からもらった

あのあじさいが今年もきれいに咲いています

それです。

 

ニュースでは、熊本は大変なことになっているようです

数年前に、姉と泊まった人吉温泉の宿は

まさに球磨川岸だった

大丈夫かな 心配です

災害に関連して | permalink | comments(0) | -| -
のうらく侍

JUGEMテーマ:日常

 

 

たしかに、時代小説 面白い

浮世離れした感覚が 安心して読める

それに やたら改行があり

1ページ内の活字数が少なく、余白が多いのも

すらすら読める一因かな。

 

あまり固いことは言わず

へらへら笑いながら、本を読むのもいいものです

Book | permalink | comments(0) | -| -
おぼれそう

JUGEMテーマ:日常

 

ラジオで 

「湿度90%」といってた(深夜放送)

うちの湿度計で70%

息苦しいような湿度です

 

ある程度の湿り気は、心地よいけど

こんな雨つづきだと

すべてにカビが生えそう

気持ち悪い

 

- | permalink | comments(0) | -| -
神田堀 八つ下がり

JUGEMテーマ:日常

 

今日も まだ 江戸時代に

タイムスリップしたままです

 

「三時のおやつはなあに〜」

とかいうけど

おやつ の語源は?

この時代は 「十二時辰」(じゅうにじしん)

 

子の刻 ネノコク 23時〜1時 夜半 やはん 夜九つ
丑の刻 ウシノコク 1時〜3時 鶏鳴 けいめい 夜八つ
寅の刻 トラノコク 3時〜5時 平旦 へいたん 暁七つ
卯の刻 ウノコク 5時〜7時 日出 にっしゅつ 明六つ
辰の刻 タツノコク 7時〜9時 食時 しょくじ 朝五つ
巳の刻 ミノコク 9時〜11時 隅中 ぐうちゅう 昼四つ
午の刻 ウマノコク 11時〜13時 日中 にっちゅう 昼九つ
未の刻 ヒツジノコク 13時〜15時 日昳 にってつ 昼八つ
申の刻 サルノコク 15時〜17時 晡時 ほじ 夕七つ
酉の刻 トリノコク 17時〜19時 日入 にちにゅう 暮六つ
戌の刻 イヌノコク 19時〜21時 黄昏 こうこん 宵五つ
亥の刻 イノコク 21時〜23時 人定 にんじょう

夜四つ

 

未の刻が 上から数えて 八番目 ということで。

 

午後のゆったりとした気分のタイトルどおり

すらすらと読める お江戸下町の人情噺 

短編が6話 

Book | permalink | comments(0) | -| -
たすけ鍼 山本一力

JUGEMテーマ:日常

 

雨の日は ひなが一日 本を読んでおります

 

江戸の人情物は あまり好みではない

でも、山本一力さんの本は以前 

何冊か読んだ記憶がある

 

読み始めました

なんともまあ 引き込まれる内容です

表現も 江戸時代の雰囲気満載です

映画をみているような 

そしてふんわかとした内容でした、

Book | permalink | comments(0) | -| -
朝顔  morning glory

JUGEMテーマ:日常

 

先日来の梅雨寒は一転して

昨日から、耐え難い蒸し暑さ

 

湿気と高温で、青息吐息の私たちですが

植物は、イキイキと生命力にあふれています

 

今年は、朝顔の日よけが順調にのびています

ここに、フウセンカズラ balloon vine  が

これから覆いかぶさってきます

季節の移り変わり | permalink | comments(0) | -| -
 1 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
フリー
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS