石のような人

言い訳をせず、静かに、つらいことも楽しいことも、たんたんと受け入れられるような境地をめざしたい
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
季節は行きつ戻りつ

JUGEMテーマ:日常

 

この温度差!

昨日は冷房、今日は暖房

迷うような日々です

 

昨日に トウモロコシのネットを外し

支え棒をたてました

とはいっても

まだ芽がでたばかりですが。

昨夜からの降雨で

畑は一息つきそうです

 

緑がまぶしいと

視線を下におろすと

 

あれれ

 

芝の間やら、庭の片隅やら

雑草の力強い芽がにょきにょき

確実に夏に向かっています

でも

今朝 寒い!

 

季節の移り変わり | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
大地の風

JUGEMテーマ:日常

 

図書館でノンフィクションの書架を漁っています

満洲に関する本は

読み切れないほど出版されています

 

今回は

ソ連と北朝鮮との国境付近

東満洲の延吉、琿春あたりの

満蒙開拓団のハナシです

 

終戦から在満邦人引き揚げまでの

1年半あまりの記録

 

究極の環境の中で生き抜くために

どういう選択、決断をするか

 

葉民、国に見捨てられたかわいそうな人々

という 視点じゃなく

人間とはなんだ と 

考えさせられるノンフィクション でした

 

そろそろ 本から目を離して

畑仕事にかかります

 

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
黄沙が舞う日

JUGEMテーマ:日常

 

「大草原に還る日」の立花珠美さんと同じく

白城子付近 内蒙古地域で

残留となり、50年を過ごした女性の実話

日本が戦後、急激な復興をしているころ

彼女はなんの情報もないまま

苦労つづきの生活をおくっていた

 

突然の一時帰国にとまどいながら

日本の肉親と再会する

その後

内蒙古へ帰るが、夫の死後

日本へ永住帰国して

子ども達も日本に呼びよせた

 

平穏に暮らしている

で終わっているが

日本に永住してからの苦労も多かったと思う

そのことも知りたい

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
蒼天見ゆ

JUGEMテーマ:日常

 

読書の春 でして

このところ本ばかり読んでおります

 

 

まず 見ゆ とはなんぞや?

見ゆ」は「見る」の未然形「」に

自発・可能・受身の助動詞「」が付いた形で、

」の活用は、え、え、、ゆる、ゆれ、○。

意味は現代語の「見える」と同じ。

だそうです

 

文語とか古語とか

私はよくわからない

 

この小説は 江戸から明治への急激な時代の変化

そこで、戸惑う武士を描いています

 

主人公の敵討ち(実話だそうです)

武家社会では美徳であったことが

近代国家では犯罪となる

そういう時代の変化、価値観の変化

 

葉室さんのすばらしさは

本懐を遂げてメデタシではない

そのあとの虚無感を丁寧に追っています

 

ハナシは飛躍しますが

テロリストとの殺し合い を連想しました

これも、やられたから、やりかえす

救いようのない事態ですよね

 

社会の変化、常識の変化にどう対応していくか

 

もし自分の考えが

世の中の動きを素直に肯定できないとき

疑問を感じたとき

 

さあ どうする?

 

 

 

 

 

 

 

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
赤い月

JUGEMテーマ:日常

 

 

なかにし礼さんの実体験をもとに

満洲での成功から

一転して 敗戦後の過酷な体験

 

牡丹江あたりの地理とか

当時の政治の動き

など 膨大な参考文献で裏付けされている

 

しかし

ストーリーは

ドロドロ男女の愛憎で

辟易しました

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
気象予報士

JUGEMテーマ:日常

 

早朝 5時半前と6時前

NHKの天気予報を見るのが日課です

 

それによって

今日の行動や洗濯物のあんばい

を決めるのです

 

4月になって 天気予報士が

いつものヒライさんじゃない!

多分休暇かな と思っていたら

どうも 交代したようです

 

ところで

今日から週末 かなりの暑さになるとか

いま肌寒いけど ホントに?

 

習慣とは不思議なもので

いつもの顔でないと

なんか 信用できないような……

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
月の満ち欠け

JUGEMテーマ:日常

 

 

なんと構成の巧みさ!

東京駅丸の内南口での約2時間のあいだに

30年以上のハナシが前後して語られる

 

読み始めて

なんのことか ストーリーが見えてこない

 

巧いんですよ

 

読者を翻弄して

知らぬ間に取り込んでしまうテクニック

 

このところ

満洲漬けの日々だったので

直木賞受賞作を気分転換にと思ったが

そうはうまくいかない

読み終わったあと

重苦しいかたまりが残った

 

 

多分

生まれ変わりというテーマが

ファンタジーとかオカルトとか

そういう非現実的なものとして

突き放すことができないような…

 

作者は佐世保を出たくないという

ある種 こだわりの人

作品も 一癖あります

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
五色の虹

JUGEMテーマ:日常

 

また冷戦時代に逆戻り?

不穏な雲行きです

 

この地球で暮らしていくのに

人種や宗教や なにやかにやで

分断しなきゃ生きていけないのかなあ

 

たしかに、生きていくのに

アイデンティティは欲しいよなあ

 

そんなことを 漠然と考えていたときに

この本に出会いました

 

著者は現役の新聞記者です

真剣に取材をする態度が実にいいです

 

あの満州で こんな学校があったのか!

驚きです

日本人、中国人、朝鮮人、モンゴル人、白系ロシア人

の秀才を集めた大学が新京(長春)あった。

スゴイのは

あの時代に言論の自由が確保されていて

学生たちは対等に激論していた

教材、講師も多彩なものが準備されていた

 

約7年で終戦によって消滅し

歴史の闇の中にうもれていたものを

丹念に調べ、生存者にインタビューした労作です

 

で、この本の感想は、個人的には

 

勉強しなきゃ 努力しなきゃ

 

あとは、

人種、思想の違うものが

分かりあうというのは大変なことで

お互いに、傷つけあったり、妥協したり、

時間をかけて、本心を見せ合っての

過程が必要

 

ねえ、トランプさん、プーチンさん

背負っているものを、いったんおろして

人間同士の会話 できないでしょうかね

 

とても

Book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
サ高住

JUGEMテーマ:日常

 

友人が入居している

サービス付き高齢者向け住宅

に行ってきました

 

うちから車で約1時間

山間の自然いっぱいの環境に

立地していました

都心からも1時間足らずの所です

 

 

館内もピンクで統一されていて

 

清潔、きれい!

 

個室で、トイレはうちの4倍くらいの広さ!

快適な住環境です

 

おしゃべりに夢中になって

3時間も居座っておりました

その間、接した他の入居者やスタッフも

好感度!!

 

三食付きで

こんな快適なところ

なんか、 気分があかるくなった

友だち訪問でした

Serious talk | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
暖かい雨

JUGEMテーマ:日常

 

やっと 雨がふりました

これで畑は一息つけます

 

農作業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
 1 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
フリー
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS